XLIFで効果の高い治療【早めに治療してもらおう】

医者

腰の痛みは整形外科で

年代で違う腰の痛み

腰痛の女性

腰痛を起こしてしまう病気は年代とともに変化していきます。30代ぐらいの若い年代では事故による外傷やぎっくり腰などの腰痛のほか、椎間板ヘルニアや激しいスポーツなどで引き起こされる脊椎分離症やすべり症が多くなっています。これらの腰痛は人間の身体的な活動が活発になっているこの時期の特徴をよく表しています。行徳でもスポーツなどで腰に痛みを感じている人がいます。40代を過ぎて体が老化していくとともに増加してくるのが、骨粗鬆症や変形性脊椎症です。これらの病気は関節や骨の老化が原因になっています。骨粗鬆症は閉経後の女性に多く、男性では70代以上の人に多くなっています。行徳でも年代が高くなってくるにつれこれらの病気で受診している人が多くなっています。

整形外科で診療

腰痛のほとんどは整形外科で扱っています。腰痛の原因によって内科や泌尿器科を受診する必要が出てくることがありますが、多くのケースでは整形外科で治療を受けることになります。行徳には多くの整形外科がありそこで治療を行っている人もいます。整形外科では四肢や体幹などの運動器に発生してしまった病気や障害を取り扱っています。腰痛以外にも捻挫や脱臼、骨折や手足の変形などいろいろな病気が診療の対象になっています。機械類を多く使用することがこの科の特徴ですが同じ外科でも形成外科では体表を作る組織に現れた、変形や奇形の治療を行います。先天的なものあるいは事故や病気で生じてしまった皮膚の修復などが行徳における治療の対象になっています。